公認会計士になると、高収入が得られるということで、そこが魅力となって、資格取得を目指す人もすくなくありません。具体的にはどれくらいの年収が期待できるのでしょうか。

紹介してきたいと思います。

難題な案件にギブアップ気味な公認会計士

公認会計士の年収が知りたい!

公認会計士の年収は平均すると800万円以上だといわれています。経験を付けて実績を積んでいけば、働き始めて10年以内に年収1000万円を目指すことも十分可能です。

初任給ですら500~600万円が平均なので、一般企業の倍近くの年収を得ることができるというわけです。公認会計士は、資格取得するまでにとても苦労を要しますが、資格を取得して働き始めてからは、安定した収入と一流企業で働いている人と同じくらいの生活を期待することができるのです。

公認会計士は税理士と比較されることが多いですが、具体的な仕事内容のほかに、年収にも大きな違いが現れます。税理士の平均年収が500~600万なので、公認会計士の方がずっと高収入であることが分かりますよね。

公認会計士は大企業の年収をベースに収入が設定されますから、高収入を見込むことができるのです。中小企業のサラリーマンでは手にすることのできないような年収が保証されているというのは、公認会計士の何よりの魅力といえるのではないでしょうか。

高収入を期待して資格取得したいと思う人が多いのにも納得ですよね。

高収入の仕事に就きたいなら公認会計士はおすすめ

将来目指す職業を選ぶ時の優先順位として、高収入であることが重要なら、公認会計士はおすすめの職業だといえます。もちろん、目指すまでにたくさんの勉強時間と、学ぶための学費も必要になってくるので、先立つものは必要ですが、資格さえ取得できればすぐに賄えるはずですから、家族の協力も得ながら、目指してみてはいかがでしょうか。