男女平等社会といわれて久しいですがまだまだ女性は働きにくい社会だといえます。女性は、自分の都合だけで仕事をすることができないことが多いですよね。

妊娠や出産などを機に一度仕事を離れなければならないこともたくさんあります。でも、仕事をしたい、常にやりがいを感じたり、社会貢献したいという気持ちの強い女性だってたくさんいます。

そんな女性にもおすすめなのが公認会計士のお仕事です。

夜遅くまで残業をしている公認会計士

公認会計士は男女平等の環境

公認会計士は資格を取るのが難しい職業ですが、女性でも資格取得を目指すことはもちろんできます。そして、資格を取得できれば、男性と同じように扱ってもらえますし、同じように実績を積んでいけば、さらにキャリアアップすることも十分可能です。

実力主義なので、女性が働きにくさを感じることは少ないといえるでしょう。さらに資格を持っているということは、一度現場を離れても、再就職しやすいというメリットがあります。

子育ての間一度仕事を辞めていても、また働きたいと思った時に、働く場所も用意されていますから、安心して、自分の人生のステップアップをすることができますよね。

女性の場合、どうしても仕事を頑張りたいという気持ちが強いと、プライベートの幸せを削ってしまわなければならないことが多いのですが、公認会計士なら、安心していったん仕事を離れることができます。

家庭と仕事を両立させたい女性にもおすすめ

公認会計士のお仕事は、家庭と仕事を両立させたい女性にもおすすめのお仕事です。自分のペースで仕事ができるというのはとてもうれしいですよね。

また、男性に負けないくらい仕事に打ち込みたいという上昇志向の強い女性にも男女平等で実力主義っで評価してもらえる公認会計士は向いていると思います。

ぜひ目指してみてくださいね。